リペアジェルのべたつきどうにかならない?原因と解決策

リペアジェルのべたつきの原因は水を使用していないことです。解決策はリペアウォーターなどを混ぜてテクスチャーを変えること。アレンジして自分に合ったテクスチャーを見つけてみてください。

リペアジェルのべたつきの原因とは

べたつきリペアジェルは、ねっとりとした水あめのようなテクスチャ―。肌に乗せた感触もべったりした感じです。伸びが良いので、肌になじんでしまえばベタベタしないのですが、サラッとしたテクスチャーが好みの人には抵抗があるかもしれません。リペアジェルは何故こんなにべたついた感触なのでしょうか。リペアジェルのべたつきの原因は水を一滴も使用していないことです。100%美容成分で作られているので、濃厚なテクスチャーとなっています。伸びも馴染みも良いので、浸透してしまえば気にならないと思いますが、付けるときの感触がどうしても気になるという人もいるでしょう。
解決策としては、水を少し混ぜてあげるのがおすすめ。リソウコーポレーションからはリペアウォーターという商品も販売されていますが、リペアジェルにリペアウォーターをひと吹きしてあげるだけで、化粧水のようなサラッとしたテクスチャーに変えることができます。この状態で肌に伸ばすと、スーッと肌に浸透します。

リペアジェルのテクスチャーを変える

リペアウォーターを混ぜることで使用感は格段に良くなります。日頃からさっぱりタイプの化粧品を好んで使っている人はこの方法がおすすめです。リペアウォーターじゃなくて手持ちの化粧水を加えたいという人もいるでしょう。リペアジェルは界面活性剤、ポリマーなど肌のバリア機能を壊すような化学的な成分を一切使用していません。リペアウォーター以外の化粧水で薄める場合は、同じように無添加のものを選ぶとより効果的です。また、洗顔後の水滴がついた肌に塗ってもスルッとなじみますが、リペアジェルのべたつきを解消する目的であれば、リペアウォーターがベストです。
化粧水で薄めてもやっぱりべたつきが気になるという人は朝の使用を避け、夜のみの使用にとどめるというのも解決策の一つです。乾燥が気になる季節や、乾燥肌の人はそのまま濃厚なテクスチャーを楽しみましょう。使ってみたけれどべたつきが気になって続けるのをためらってしまうという人は、手持ちのアイテムや他のアイテムと合わせて好みのテクスチャーに仕上げてみてください。自分に合った使用感を見つけて、継続することで美肌に近づくことができます。